« 春濁り!? 関~係~な~い!! | トップページ | 「西伊豆の春・・・」 »

2009年3月27日 (金)

栄養満点の春海!!

こんにちは!昨日、高校2年のOW講習生から見て、僕は"もう、おじさん"と言われてしまいました。高校生から見ると"もう、おじさん"なんですね。いや~、そんな事でへこたれません!まだまだ、男は30代から!!"第二の青春"です!!

さて、もうすっかり春の陽気は漂いますが、海も先週辺りから"春の海"に姿を変えてます。

そう!春濁りです。この春濁りって何で起きるのか?何がメリットなのか知りたくないですか?

そもそも、海の透明度は、プランクトンの量が原因と言えます。このプランクトンには、植物生動物性があり、この両プランクトンが多いほど微生物や小魚の餌が豊富と言え、海が豊かなのです。

冬の海はこんな感じで本当にキレイでしたね。

01_2202bui   

(富戸の海)

そしてこれからの時期、気温上昇に伴って海面が加熱され水温も少しずつ上昇します。そして海水中の栄養塩類を植物プランクトンが摂取して爆発的に増殖します。これが春濁りとなります。

春濁りは、植物プランクトンの増殖によって起こります。

そして、動物プランクトンは、植物プランクトンを食べて栄養を蓄えます。つまり増殖します。更に今度は、動物プランクトンを小魚が食べ、魚が栄養を蓄えられ、産卵に備えて体力を付けて行きます。

この連鎖が春から夏にかけて起こっていきます。魚は卵を産み、育て、夏には魚でいっぱいの賑やかな海になる訳です。

この、春濁りの海は絶対必要なんですね。じゃー、春濁りの海の楽しみ方は??

もう開き直って、マクロ生物をこれを機に知ってみましょう!!エビ、カニの甲殻類にウミウシです!!『えっ!??こんな所に居たの!??』って面白い発見になるかも知れませんね。

(ムチカラマツエビとイボイソバナガニ)

03iboiso04iboiso02 

(アカホシカクレエビとイソコンペイトウガニ)

05akahoshi06konpeitou   

(イガグリウミウシとウデフリツノザヤウミウシ)

07igaguri_208izaya   

そして、この前にブログでもお話ししましたが、この時期は深海生物も浅場に上がって来ます。

そうです!!今の時期、旬でみんなに大!大!大人気の!!

(ダンゴウオ!!)

09dango_2 

この子を観ないと春の海は終われないでしょ!!

今年は僕もまだ観てないので会いに行きたいですね。

春は少々透明度が落ちるかも知れませんが、楽しみ方を変えたり視点を変えると、今までと全く変わらずダイビングが楽しめます!!

今日は春濁りについてと、この時期の楽しみ方のお話でした!!それでは!!

この世で大大大大大っーーーー嫌いなものは、"絶叫マシーン"と"注射"。ぐっさんでした!!

|

« 春濁り!? 関~係~な~い!! | トップページ | 「西伊豆の春・・・」 »