« 夏の想い出が出来ました! | トップページ | スライド上映会第二弾決定!! »

2009年8月28日 (金)

海中に忍者参上!!

こんにちは!昨日、タコのから揚げを食べて美味しかったので、タコの話しを今日はします!!何とも自由な発想ですが、皆さんお付き合い下さい。

『海の忍者』と呼ばれてる、"マダコ"のお話しです。パチ!パチ!パチ!

マダコの名前ですが、英名で"Commom octopus"と言います。"octopus"の"octo-"は"8"の意味。"ーpus"は"足"を意味し、『8本足』の表します。

そして、マダコは忍術を使います。その忍術を紹介しますね。凄いんですから。

01_9 【忍術其の一 ~七変化の術~】

マダコは周りの環境に合わせて体色を変化します。岩などの色に体色を変化させることで身を隠してます。タコは"赤い"イメージを持ってる人がいますが、実は赤は死んでしまった時の色です。

【忍術其の二 ~通り抜けの術~】

マダコはもの凄く狭い隙間でも通り抜けが出来ます。自分の足が1本通る隙間なら、体をも通り抜けが出来ます!

【忍術其の三 ~煙幕の術~】

タコ天敵ウツボなどに襲われた時、勢いよく水を吐き出してその反動で逃げ去ります。と同時に、墨を吐き出して敵の目をくらませます。タコの墨は、敵から逃げる為の"煙幕"のように使われます。

凄いでしょ!!忍術の天才です!!そして、この煙幕の墨について、もう少々お話ししますね。

02takoタコ同様に墨を吐く水中生物と言えば、イカですね。タコとイカの墨は使い方も質も違うのです。

イカの墨は、タコの煙幕のように拡散せず、あたかも自分の分身の様に、吐き出したその場所に残ります。イカの墨は粘性が高いのでひか塊の墨になります。逆にタコの墨は粘性が低い為、水中で拡散しやすく目晦ましには最適なんですね。

最後に、タコの間違った知識を2つ。タコの絵などで描かれてる"ひょっとこ"の様なのは、"口"ではありません。タコの口は8本足の付け根にあります。そして、「タコの頭」と呼んでる部分は、"胴体"です。ほんと、不思議な生物ですね。

あっ、そうそう。タコとイカの足の吸盤も使用用途が違うんです。これはまた海で話しますね。

それでは今日はこの辺で。

横に居る奥さんに「なぁ!こっち!!」と大声で話しかけたら、全然違うおばちゃんでした。みんなありますよね、こんな経験。

ぐっさんでした!!

|

« 夏の想い出が出来ました! | トップページ | スライド上映会第二弾決定!! »